雇用に関する助成金

助成金とは

助成金とは、国からもらえる返済不要のお金です。
ですから、もらえるものはもらわないと損なのです。

助成金には、人の雇用に関するもの、制度の導入に関するもの、創業に関するもの、などの種類があり、それぞれの助成金にはもらうための要件があります。
その要件に該当しているかどうかは、自分自身で気付かなければなりません。
国から「貴社は該当していますよ。」と親切な連絡がある訳ではありません。
(一部連絡のある助成金があります。)

よって、助成金の種類についてある程度の知識がなければ、もらいそびれてしまうことになるのです。すでに、もらいそびれてしまったかもしれません。
(松田社労士事務所では、顧問先のお客様には最新の助成金情報をお知らせいたしています。)

また、先程返済不要と言いましたが、実は助成金の元は、企業様が毎年負担している雇用保険料の会社負担分が原資になっています。ですから、余計にもらわないと損なのです。助成金は多いに活用しましょう。

雇用に関する助成金

特定求職者雇用開発助成金

特定就職困難者コース

 60~64歳の者や母子家庭の母等の就職困難者をハローワーク等経由で雇用した時にもらえます。 もらえる助成金の額:40~60万円

生涯現役コース

 65歳以上の離職者をハローワーク等経由で雇用した時にもらえます。 もらえる助成金の額:50~70万円

三年以内既卒者等採用定着コース

 大学等を卒業または中退した者で、これまで12ヶ月以上正社員等としての勤務経験がない者を雇用した時にもらえます。

  もらえる助成金の額:1年定着後 50万円、2年定着後 10万円、3年定着後 10万円

長期不安定雇用者雇用開発コース

 35~59歳失業中の者で、過去10年間に5回以上離職または転職を繰り返している者をハローワーク等経由で雇用した時にもらえます。

  もらえる助成金の額:50万円 


※雇用関係の助成金は、助成金の対象となる者を雇用した日の前後6ヶ月間(助成金の種類によっては前6ヶ月間、後1年間)に、雇用保険に加入していた者を解雇等の事業主都合で離職させている場合は支給されません



トライアル雇用奨励金

職種未経験者等3ヵ月間試行雇用(有期雇用)し、適性や能力等を見極め、その後の正規雇用へつなげていくことが目的の助成金です。トライアル雇用求人をハローワークに提出し、その紹介により、次のいずれかに該当する者を雇用した時にもらえます。

就労経験のない職業に就くことを希望する者

学校卒業後3年以内で、卒業後、安定した職業に就いていない者

・過去2年以内に、2回以上離職や転職を繰り返している者

・離職期間が1年を超えている者

妊娠、出産、育児を理由に離職し、安定した職業に1年を超えて就いていない者

  もらえる助成金の額:月4万円を3ヵ月間

※雇用した日の前日から6ヵ月前の日からトライアル雇用終了日までの間に、雇用保険被保険者を事業主都合により解雇等(退職勧奨含む。)していないこと

松田社労士事務所では、上記助成金の申請書類の作成および提出を代行いたしています。

【料金】

  • 特定休職者雇用開発助成金:もらった助成金額の10%(税別)
  • トライアル雇用奨励金:2万円(税別)

※顧問サービスのご契約をしていただいた場合は、割引いたします。ご相談・ご質問等は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

上記以外の助成金についての手続代行も承っています。(キャリアアップ助成金、職場定着支援助成金、両立支援助成金など)

メールでのお問合せ

松田博史社会保険労務士事務所
〒453-0055
名古屋市中村区香取町2-27 旭ハウス202
TEL.052-411-1004
FAX.052-411-1004
 営業時間  月~金 9:00~18:00
※営業時間外や休日でも対応します。

◆対応エリア◆

名古屋市、あま市、海部郡、清須市、稲沢市、北名古屋市、岩倉市、他愛知県西部

お知らせ

2017/11/29  

労務管理に役立つ情報5に記事を追加しました。

法改正情報に記事を追加しました。

2017/6/26  

労務管理に役立つ情報5を追加しました。

2017/4/12  

トップページにテーマ別業務案内を追加しました。