労務管理に役立つ情報6

労災に該当するかしないか

労災保険でいう業務上災害とは、ある業務をしていた時に、その業務を行っていたことを理由とする災害が発生したことにより、負傷もしくは死亡することを言います。

それでは、以下のケースは業務上災害となるのでしょうか? 

1.『会社行事に参加中のケガは?』

ボーリング大会や運動会などの会社行事を、従業員間の親睦を深める目的等で行っているケースがあると思います。では、それらに参加中に従業員がケガなどをした場合、労災保険法上の業務上災害と認められるのでしょうか?


◎社内行事に参加することが強制され(義務付けられ)、出勤扱いとして賃金が支払われる場合は、参加することが業務命令と考えられますから 当然、業務上の災害(労災)として取り扱われます。逆に、参加することが、任意(自由参加)の場合は、業務命令とは認められませんので、労災には該当しません。福利厚生としてのレクリエーションに参加したと考えることが妥当です。

ただし、参加が任意の場合でも、その行事の主催者(担当者)として参加している人の場合は、取り扱いが異なります。このような人の場合は、会社からの命令による業務として参加していると考えられますので、行事参加中に、足を挫くなどのケガをした場合は、労災として取り扱われます。


2.『休憩室で休憩中のケガは?』

会社の休憩室で休憩中に、天井の照明器具が突然落下してきてケガをした場合は、労災と認められるのでしょうか?


◎一般的には、労働から解放されている休憩時間中に発生した災害は、労災とは認められません。しかし、休憩時間中であっても、会社の施設を利用中に、その利用に起因して災害が発生した場合は、労災と認められます。

このケースのように、休憩室の照明器具が落下してきたなど、社内施設に欠陥(不備)があったことを原因とする災害であることが明らかな場合は、例え休憩中で業務をしていない時に発生した災害であっても、労災として取り扱われます。

ただし、社内施設利用中に起きた災害すべてが労災となるわけではなく、例えば、社員食堂で食事中に、自分の不注意で誤って熱いお茶をこぼし、手にやけどを負った場合は、社内施設に欠陥があったわけではありませんので、労災とは認められません。社内施設とは、食堂や休憩室のほか、洗面所、トイレ、更衣室、浴室等が該当します。


3.『出張中のケガは?』

出張中にケガをした場合は、労災と認められるのでしょうか?


◎出張は、会社からの業務命令によるものですから、出張中=業務中となります。よって、本来は私的行為とみなされる食事、入浴、睡眠といった行為も含めて、出張中に起きた災害は、業務上災害と認められます。

ただし、食事が私的行為にあたる場合、例えば出張先で業務とは無関係の友人と食事をする場合などは、業務逸脱行為(私的行為)となり、その行為を行っている間に発生した災害については、労災とは認められません。


メールでのお問合せ

松田博史社会保険労務士事務所
〒453-0055
名古屋市中村区香取町2-27 旭ハウス202
TEL.052-411-1004
FAX.052-411-1004
 営業時間  月~金 9:00~18:00
※営業時間外や休日でも対応します。

◆対応エリア◆

名古屋市、あま市、海部郡、清須市、稲沢市、北名古屋市、岩倉市、他愛知県西部

お知らせ

2018/8/10  

法改正情報に記事を追加しました。

労働基準法改正について


2018/3/20  

労務管理に役立つ情報6を追加しました。